香港資産運用奮闘記外国為替 > ロンドンG7声明のポイント(2005年は人民元が切り上がるか?!)
2005年02月06日

ロンドンG7声明のポイント(2005年は人民元が切り上がるか?!)

本日の日経新聞経済面からの引用です。
「為替安定を再確認、G7会議閉幕」

ロンドンで開いた日欧米7カ国財務相中央銀行総裁会議は5日午後閉幕した。
会議に先立ち7カ国は、中国・インド・ブラジル・南アフリカなどの新興4カ国
との非公式会合を初めて開いた。
→過去記事「BRICsのGDP」

為替相場に関しては「過度の変動や無秩序な動きは望ましくない」とした昨年秋の声明を踏襲し、
安定重視の姿勢を再確認。

対米ドル相場を事実上固定している中国人民元の変動幅拡大も促した。
米国は財政赤字の削減、日欧は構造改革を加速することを公約した。

→2005年も応援よろしくお願いします。m(_ _)m(株式投資ランキング)
→香港資産運用奮闘記に一票お願いします。m(_ _)m(KABLOG)


<ロンドンG7声明のポイント>
・世界経済の成長は緩やかになったが、2005年も依然として力強い。
・米国は財政健全化、日欧は構造改革を推進
・中期的なエネルギー問題、現在の原油価格のリスクへの対応が必要
・為替相場の過度の変動は望ましくなく、為替安定に向け協調する
・為替相場の柔軟性を欠く国や地域はさらなる柔軟性が望ましい
・各国は労働市場への参入促進に向けかいかく
・インド洋大津波被災国の債務の支払いは最長で2005年末まで猶予する


上記の「為替相場の柔軟性を欠く国や地域はさらなる柔軟性が望ましい」とは、
中国人民元のことを言っているようですが、中国の周小川人民銀行総裁は会合後、
「人民元改革への強い圧力は無かった。改革の日程も存在しない」と語ったそうです。


ここのところ、毎日のように新聞で話題になっている人民元切り上げ問題ですが、
実質的に米ドルに固定されている中国の人民元に対して、米国、日本を中心とした
各国からの切り上げ圧力はますます高まっています。

これは同時に、中国の経済力が現在、世界経済に大きな影響を与えるまでの力を有している現れでもあります。

しかし一方で中国側からすれば、これは世界の人民元に対する過剰評価であり、
中国にはこの切り上げ要求に応じられない内部事情を抱えています。
→過去記事「西部大開発の光と影」
→過去記事「人民元に対する規制」

高度成長を支える輸出産業へのダメージ、不良債権問題などの脆弱な金融システム、深刻な失業率、
農村経済の貧弱さなど、人民元の切り上げはこれら爆弾の導火線に火をつけるほどの危険性もはらんでいます。


さらに、圧力をかけてくる各国にもそれぞれ裏事情が存在し、切り上げ要求一辺倒ともいかないようです。
いずれにせよ、中国はできるだけ切り上げ実施の引き伸ばしにかかると予測される中、
各国の微妙な駆け引きは今後も続く見込みです。

人民元が切り上げ問題。2005年はどうなるか?!まだまだ不透明です。
為替は神のみぞ知る・・・。



人民元切り上げ論争―中・日・米の利害と主張
 ・人民元は切り上げられるべきかどうか?この今話題の問題に日米中各国の論客が挑む。
 ・話題の人民元論争を手際よく整理し、為替制度のあるべき姿を理解できます。


人民元と中国経済
 ・本書は、切り上げ懸念のある人民元について中国経済全体を含めたマクロ的な
  観点からも深く分析し、冷静な眼で人民元について考察された本です。
 ・人民元や中国経済について、数多くの本が発行されておりますがこれだけコン
  パクトにまとめられた良本は他にはないと思われます。


中国株で大成金になる「次の一手」―人民元ショックこそ大儲けのチャンス
 ・近づく人民元の切り上げで、濡れ手に粟の大儲けが期待できる中国株。
 ・チャンスを確実にものにする投資戦略と厳選推奨銘柄を完全公開


香港資産運用奮闘記外国為替 > ロンドンG7声明のポイント(2005年は人民元が切り上がるか?!)


香港資産運用奮闘記外国為替 > ロンドンG7声明のポイント(2005年は人民元が切り上がるか?!)


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
  1. 書き込みありがとうございました。また今後ともよろしくお願いいたします。G7終わり
    米の圧力【SuperInvestor】at 2005年02月08日 20:33
    この記事へのコメント
  1. 人民元切上げで分からない事があります。
    現在、米ドルと元はペッグしており、HKドルも元と1:1です。
    元が切り上がったらHKドルも同じようになるのでしょうか?
    Posted by akaba at 2005年02月06日 20:15
  2. TB&コメントありがとうございます。

    人民元切り上げ興味深いです。

    これから参考にさせていただきます。

    今後ともよろしくお願いします。
    Posted by rigui at 2005年02月07日 00:08
  3. こんばんは!
    以前コメントくださってありがとうございます!
    人民元についてはいつごろ結論でるんでしょうかね…
    この問題に関する発言を誰かがすると為替が大きく動いてしょうがないです^^;
    Posted by aoi at 2005年02月07日 18:42
  4. こんにちは,ブログにコメントありまとうございます!

    結局G7の結果は何をもたらすか分かりませんでした(自分なりに分析しようとしてみたんですけど…T_T)

    人民元切り上げ圧力の失敗はいったい何を意味するのか・・・今後も経済ニュースから目が離せません.
    Posted by hisath at 2005年02月07日 22:50
  5. akabaさま、こんばんは!(^ー^)

    香港ドルがどうなるかは、未だにワタシも疑問ですが、
    大きく分けると以下の2つに分けられますね。

    1.人民元が切り上げられて、香港ドル=米ドルのペッグは維持
    2.香港ドルが人民元と同時に切りあがる
    3.香港ドルも人民元に合わせながら段階的に切りあがる(1と2の中間)

    1の場合、香港は中国からのデフレ圧力が軽減して、香港の経済は恩恵を受けることになるでしょうね。
    でも私たちの保有する香港ドルは今までと変わらずってとこでしょうか。
    しかし、元建て資産を保有する香港上場の株は、資産総額が底上げされて、
    株価も連動して上昇するのではないでしょうか。

     香港の経済:○
     香港の株:○
     香港ドル預金:△

    2の場合、香港は輸出競争力をさらに失って、尚且つ中国からのデフレ圧力は
    変わらず、香港の経済は打撃を被る恐れがありますね。
    でも私たちの保有する香港ドルは実質価値が増えますね。

     香港の経済:△
     香港の株:△
     香港ドル預金:○


    どのような経緯を辿るかは分かりませんが、いずれ香港ドルは人民元に
    吸収されていくべきものだと思います。

    小平が「1国2通貨の制度」の50年間不変を国際的に約束しましたので、
    すぐに香港ドルが無くなる事は考えにくいですが、数十年後は明らかに、
    香港ドルの必要性が無くなるのではないかと思います。

    ワタシの勝手な見解によりますと、(^ー^;
    当分は1、時期を見て3、最終的に香港ドル+人民元を統一(50年後)
    って感じなのではないかと思いますが。。。あまり信用しないで下さい(笑)
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月07日 22:53
  6. riguiさま、いらっしゃいませ!(^ー^)

    人民元切り上げ、毎日目が話せないテーマですね。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月07日 22:57
  7. aoiさま、こんばんは!(^ー^)

    > 人民元についてはいつごろ結論でるんでしょうかね…

    2005年中という人もいれば、当分無いって言う人もいるし、
    なんか、誰の言うことも信じられないって感じでしょうか(笑)

    「人民元で大儲け!」とか言う本を書いてる著者は、
    一体いくら人民元を買っちゃってるんでしょうかねー。
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月07日 23:05
  8. hisathさま、コメントありがとうございます。

    確かに圧力が強ければ強いほど、変動相場移行を先延ばしにしそうです。
    中国共産党、世界的にも発言力強いですからねー。(日本と違って)

    > 結局G7の結果は何をもたらすか分かりませんでした

    ほんと、おっしゃる通り。
    新聞記事だけでは、結局何をどう議論したのか分かりませんね〜。
    インターネットで通訳付き実況中継でも流して欲しいです。
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月07日 23:09
  9. 物凄く参考になりました。
    なるほど、3つの貨幣の何処に線が引かれるのか判りませんね。
    それぞれのケースの場合、その先を読むのが私には判りませんでした。
    なるほど、KZさんの的確な読み筋に敬服いたしました。
    私もいずれはHKドルも元に吸収されて行くと思いますが、
    香港ドル建ての株等、商品を買っておく事は将来有利な事は想像できます。
    Posted by akaba at 2005年02月07日 23:10
  10. akabaさん、こんばんは!(^ー^)

    > なるほど、3つの貨幣の何処に線が引かれるのか判りませんね。

    そーなんですよ、まずそこありきなので、そこがどうなるかによって、
    その後の動きも全く逆になってしまいますからね、難しいです。。。
    でも、安全性の面では円建て資産よりはかなりまともかと思います。


    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年02月07日 23:53

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます