香港資産運用奮闘記外国為替 > 人民元改革、技術的な準備完了!
2005年05月11日

人民元改革、技術的な準備完了!

本日の日経一面からの引用です。
「人民元改革、技術的な準備完了」

中国人民銀行(中央銀行)呉暁霊副総裁は日本経済新聞社の取材に応じ、
人民元の為替制度改革について「技術的な準備はできた」と述べ、
事前の検討は終わったことを示唆しました。

→管理人のやる気維持のために1クリックお願いします。
→こちらもポチッと一票お願いします。m(_ _)m(KABLOG)

その上で「国際社会は中国が自主的に(改革の時期を)選ぶ機会を与えて欲しい」と語り、
変動幅拡大制度見直し要求を強める米国を牽制しました。

人民元問題に注目が集まる中で、人民銀行幹部が外国メディアの取材に応じるのは異例。

「技術的な準備」に関する発言は、米ドルにほぼ固定している人民元レートを一定の幅で
変動させる方法や、元が切り上がったときに経済に及ぼす影響について検討が済んだ。

ということを示す発言と見られます。

RMB100中国では、外貨同士の交換を5月18日から広く認めるなど、
為替制度に関わる他の改革も進めています。



それでも人民元制度を見直さない原因の一端は米国にもあると強調しています。
報復関税と引き換えに人民元改革を促す法案が米上院に提出されたことについて、
「米国がこんな環境をつくらなければ、人民元改革の歩調は人々が予想するより早かっただろう」
と語り、米国が圧力を強めればかえって制度を見直しにくくなるとの認識を示しています。

人民元は遅かれ早かれ、必ず切り上がるでしょう。なので、必ず価値は膨れ上がります。

しかし現在のところ、人民元は厳しい通貨管理の下に置かれているため、
海外送金や外貨両替には規制が多く、多額の運用には注意が必要
です。

人民元には様々なリスクが伴うと思われますが、それでも人民元預金を開設してみたい方は、
上海や深センなど本土の、HSBCバンクオブチャイナ(中国銀行)などで開設可能です。
(香港では今のところ、香港ID保有者しか人民元口座を開設することはできません)
→関連記事「人民元に対する規制」
→関連記事「人民元ってどうよ?!」



小富豪のための 上海<人民元>不思議旅行
 ・世界中の投資家が中国の通貨「人民元」に夢中になるのは、人民元「切り上げ」が間近で、
  ノーリスクハイリターンのめったにないチャンスだと考えられているから。
  でも、どうやったら人民元の口座を持つことができるのか、金融事情はどうなってるのか
  を詳しく開設しています。



図解 国際経済のしくみ 為替相場の決まり方から、G7とサミットの役割まで
 ・為替相場や貿易収支、基軸通貨といった国際経済の基本から、
  FTAの拡大や知的所有権、地球温暖化をめぐる経済問題など、
  21世紀の重要課題を図とイラストで分かりやすく解説した入門書。
 ・新聞の経済欄を読むのが苦手だという人も、本書を読めば、
  国際経済の大きな流れと最新の経済情勢が簡単に掴めるはず!



香港資産運用奮闘記外国為替 > 人民元改革、技術的な準備完了!


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
  1. 楽天証券でインド株ADR投資のため口座開設のトラックでも書きましたが、 ここ数日、円高ドル安が進んでいます。 この原因ですが、中国の元の切り上げが連休明けに行われるという憶測が飛んでいるからだそうです。元高につられてアジア通貨高が進み、円もその中で買われて
    ここ数日の円高について【中国株・インド株 投資記】at 2005年05月12日 15:16
  2. 中国株とも関連が深い人民元の切り上げについて書こうと思います。 →先ずは、人民元...
    人民元の切り上げはいつ行われるか【中国株でいこう!】at 2005年05月28日 11:08
    この記事へのコメント
  1. はじめまして

    人民元の切り上げは時間の問題ですが、HK$はやはりペグから変わることが無いのでしょうか? 確かに中国元のペグと 香港の銀行が行っているペグとは意味合いが違うのは知っているですが。何処にも香港ドルの事が書いてないので少し興味を持って色々と記事を探しております。
    よろしければ 考えを教えて頂きたいです。

    くまっち
    Posted by くまっち at 2005年05月12日 00:58
  2. くまっちさん、はじめましてこんにちは。

    香港ドルがどうなるかは、未だにワタシも疑問ですが、
    大きく分けると以下の2つに分けられると思います。(独断ですが)

    1.人民元が切り上げられて、香港ドル=米ドルのペッグは維持
    2.香港ドルが人民元と同時に切りあがる
    3.香港ドルも人民元に合わせながら段階的に切りあがる(1と2の中間)

    ↓つづく
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年05月12日 11:54
  3. 1の場合、香港は中国からのデフレ圧力が軽減して、香港の経済は恩恵を受けることになるでしょうね。
    でも私たちの保有する香港ドルは今までと変わらずってとこでしょうか。
    しかし、元建て資産を保有する香港上場の株は、資産総額が底上げされて、
    株価も連動して上昇するのではないでしょうか。

     香港の経済:○
     香港の株:○
     香港ドル預金:△

    2の場合、香港は輸出競争力をさらに失って、尚且つ中国からのデフレ圧力は
    変わらず、香港の経済は打撃を被る恐れがありますね。
    でも私たちの保有する香港ドルは実質価値が増えますね。

     香港の経済:△
     香港の株:△
     香港ドル預金:○

    ↓つづく
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年05月12日 11:54
  4. どのような経緯を辿るかは分かりませんが、いずれ香港ドルは人民元に
    吸収されていくべきものだと思います。

    小平が「1国2通貨の制度」の50年間不変を国際的に約束しましたので、
    すぐに香港ドルが無くなる事は考えにくいですが、数十年後は明らかに、
    香港ドルの必要性が無くなるのではないかと思います。

    ワタシの勝手な見解によりますと、(^ー^;
    当分は1、時期を見て3、最終的に香港ドル+人民元を統一(50年後)
    って感じなのではないかと思いますが。。。あまり信用しないで下さい。
    「為替は神のみぞ知る」です(笑)

    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年05月12日 11:54
  5. 丁寧な回答ありがとうございます。

    香港ドルの使命が終われば人民元との統一となるのは
    必然だと、現に香港の人たちは住居費の安いシンセンに
    住んでいますし、週末にシンセンに買い物に出たりして
    います。往来が激しくなればなるほど、香港ドルの
    使命が薄らぐ様な気がします。香港が特殊なため。

    ただ、50年も待てないのも現実です。何時 利益を
    確定するか、持っているだけでは絵に描いた餅ですから。

    では、今後もよろしくお願いします。いつも楽しみにHPを
    拝見しております。(順番が逆になってしまい申し訳ないです)
    Posted by くまっち at 2005年05月12日 23:28
  6. くまっちさん、こんにちは。

    そうですね。香港という場所はちょっと特殊ですね。
    物価は日本とほとんど変わらないのに、電車で40分も行けば、
    数分の一という安価なマーケットがすぐそばにあって、
    為替の問題は、我々よりも現地人のほうが敏感なのではないでしょうか。

    > では、今後もよろしくお願いします。いつも楽しみにHPを
    > 拝見しております。

    ありがとうございます。
    そんなお言葉をいただくと、とっても嬉しいですね。
    今後とも、どうぞよろしくお願いします。

    また、色んなご意見ご感想、お待ちしております。m(_ _)m
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年05月13日 13:18
  7. kzさん、おはようございます。

    シンセンと香港の話、なんだかシンガポールとジョホールバル(JB)に似ているなあーと感じました。
    コーズウエイを挟んで対峙していることも似ているし。

    JBのマレーシアリンギット(RM)もシンガポールのドル(S$)に比べて価値が約半分のため(S$=@RM2.5)、週末になると大勢のシンガポーリアンがJBに買出しに来ます。そのため週末のコーズウエイは大変な渋滞になります(JBには日本米がないので、土日シンガポールのMEIJIYAまで買出しにいく、うちらにとってはいい迷惑ですが)。

    とにかく橋を超えればすべての商品が50%以上OFF!なわけですから、しょうがないですよねー。

    それにしても一度香港に遊びに行きたいです(キャセイが香港逃避行をやっていることだし)。
    そのときは現地情報よろしくお願いします!

    Posted by いとP at 2005年05月16日 09:33
  8. いとPさん、こんにちは!(^ー^)

    確かに、シンガポール〜ジョホールバルと、
    香港〜深セン、すごく似てますよねーー。瓜二つだ。

    シンガポールと香港はよく比較されますが、
    周辺地域も実は比較するとよく似てるんですね。

    いとPさん、既にご存じかもしれませんが、
    シティのシンガポール情報、分かる範囲でアップしてみました。
    開設したら、また色々聞かせて下さいね。よろしくーーー。
    Posted by kz@銅鑼湾 at 2005年05月16日 12:05

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます