香港資産運用奮闘記米国株 > アメリカ株担当
2006年01月15日

アメリカ株担当

皆さん、始めまして。m(_ _)m
おちはると申します。

この度、カズさんのブログの中で「アメリカ株の担当」となりました。
アメリカ株のことを中心に色々と書いて行きます。
デイトレードやミューチャルファンド、口座開設の仕方など
思いつくままに書きますので
今後ともよろしくお願いします。

早速の第1回目です。

「1000株買っていれば$1上がれば$1000ドルの儲け」
「午前中の1〜2時間で儲けて後は自由に使える自分の時間」
こんなセンセーショナルな文字が飛び込んできた。

詳しく見てみると
アメリカで今人気のDaytradeという手法だそうである。
しかもダウやNASDAQは急激な右肩上がりで上昇中。

単純で欲張りな私は、この手法さえマスターすれば・・・
「そうか毎日が$1000以上で自由な時間か」ともう夢ごこち。
獲らぬタヌキのなんとやらでもうすでに気分は億万長者(笑)
自分が損をすることなど全く考えていません。
「俺が株を買えば確実に上がりあとは、うふふ・・・。」
「よし、これで会社辞めれるな。」
「自由時間はヨットの免許を取りに行って、などなど。・・・」

早速このセミナーの受講を申し込んで
アメリカのシアトルまで飛びました。
1999年のことです。
まあ、これが私のアメリカ株と付き合いの始まりです。

そして既にこの時から早6年が経過しました。

NASDAQが5000を超えたときも1200をきった時もトレードしていました。
そして今もトレードしています。

じゃあ
最初の夢は?意気込みは?現実は?どうなったのか!

この6年間に体験したことや学んだことを
私の本音を交えながら書いていこうと思います。

つたない文章ですがお付き合い下さい。


香港資産運用奮闘記米国株 > アメリカ株担当


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのコメント
  1. 日本から開ける証券会社や手数料の違い等を詳しく書いていただけるとうれしいです。香港HSBCなみに。。
    よいものを作ってまた本を出せるとよいですね。
    Posted by 初心者 at 2006年01月16日 10:34
  2. 了解しました。

    米国での日本人の口座開設は
    ameritradeが駄目になり寂しい限りです。

    私の知っている限りはお話します。
    Posted by おちはる at 2006年01月16日 20:08
  3. 今までアジア株のみに目が行ってたので、なにかすごく深セン、いや新鮮でわくわくします。
    思えば、香港ドルも香港株も米国の動向と深いつながりがありますので、米国の勉強をするのも幅が拡がっていいかもしれません。続きを期待しています!
    Posted by 小樽 at 2006年01月17日 10:08
  4. おちはるさん、

    税金について教えてください。
    .▲瓮螢の証券会社からADRを買った場合の配当の税金は?(香港株、インド株)、香港の証券会社(ハンテック経由)を通して買ったときの配当の税金は?
    売り買いのときの税金は?書類を出すと無しになるとか。聞いたのですが。BEN8とか。

    私はハンテックとHSBC香港に口座を持っていてアメリカ株をやりたいのですが、(特にインド、香港のADR)ハンテックで買う(片道1%)のとアメリカのEトレードで買うのではどちらが得ですかね???

    すいませんよろしくお願いします。
    Posted by 初心者 at 2006年01月17日 18:23
  5. 株主総会に行くには、どうしたらいいの?
    CITIのNY支店で開いて
    (米国では銀行で開ける)
    GOOGLEなど、いくつか持っています。
    GOOGLEは10株でも、総会出れるの?

    CITIBANK、AmericanExpressは1株しか持ってないけど、出れるの?
    届いた召集令状だけ持って行っても入れないの?
    届いてから、出る意思を郵送しないと入場券をもらえないの?

    渡米してから、入場拒否されたらどうしよう。。。
    初心者ですみません。
    Posted by 初心者 at 2006年02月08日 11:04

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます