香港資産運用奮闘記ASEAN・極東 > タイで軍事クーデター。タイ政局混迷深まる
2006年09月20日

タイで軍事クーデター。タイ政局混迷深まる

今朝大きなニュースが飛び込んできました。
すでにみなさんご存知だと思いますが、昨晩タイでクーデターが発生しました。
→参考「クーデターから一夜明けたバンコク市内」

タクシン首相の支持勢力も未だ根強さを持っていますが、今回のクーデターで窮地に追い込まれた
ことは間違いなく、タイ政局が再び混乱するのは確実です。

本日の日本経済新聞国際面からの引用です。
「タイでクーデター、反首相派が実権を掌握」

タイの首都バンコクで19日午後9時過ぎ、首相府や陸軍司令部周辺に戦車が終結周辺を封鎖。
国連総会出席のためにニューヨークに滞在中のタクシン首相は非常事態を宣言し、急遽タイに帰国。

陸海空軍と警察司令官はテレビを通じて、
「タイは完全なコントロール下にある。国王のもとで民主的な改革に踏み出す」と声明を発表しました。

タイでは今年1月に、タクシン首相一族による株売却疑惑を発端に、政局の迷走が約7ヶ月間つづき、
今回のクーデターで、タイ政局は本格的な重大局面を迎えることになってしまいました。
「いい加減落ち着いてくれ・・・」といった感じなんですが、なかなか落ち着いてくれません。
→関連記事「タイのタクシン首相一族、傘下の持ち株会社を2100億円で売却」

しかし、今回のクーデターは、政策そのものに対しての反逆行為ではなく、
タクシン首相の株売却疑惑、いわゆる違法とも捉えられている「自分の懐への多額の資金還流」に対して、
タイ国民の不満が爆発したかたちがこうなりました。



タクシン首相の「カネ至上主義」的なところ、「カネのためなら手段を選ばない」的なところに、
それだけ国民が一丸となって爆発するところは、ある意味立派です。我々も見習いたいものです。
それだけタイ人には、「国をよくしようと思うパワーがある」ということです。
トップがカネカネカネ・・・言って、違法に貯め込んでたら、きっとろくな国にならないですからね。

今の日本人には果たして革命を起こすだけのパワーがあるでしょうか?
いや、きっと無いでしょう。昭和の時代はすごかったみたいですね、学生運動やら政治運動やら。

昭和の高度成長期に比べ、今の日本人には「守るべきものができてしまった」ということでしょう。
だから、あえて自分でリスクをとってまで国をよくしようなんて、きっと大多数が思わないのです。
もちろん私も思いません(笑)革命起こすくらいなら、日本を出てバリ島でのんびり暮らします(笑

逆に言うと今のタイは、昭和30年代の日本の高度成長期を醸し出すようなパワーが存在するんですね。
タイ民族という単一民族国家で、言語は統一言語のタイ語、国民は国王を国の尊重として尊ぶ。

タイは昭和30年代の日本と一緒で、国民が一致団結するとものすごいパワーを発揮します。
そんなパワーが起こしたクーデターですが、経済成長のベクトルもそんなパワーが生み出します。
今回のクーデター、ひょっとすると十数年に一度のタイ株の買い時かもしれませんね。。。

今日は非常事態宣言で、タイの市場も金融機関もすべて止まっていますが、明日どんな動きをするか?
きっと大量の売り注文が入って、値段がどんどん下がることも予測されます。しかし市場は神のみぞ知る。
さぁ、果たしてどうなるか?

ちなみに↑これはあくまでも私個人的な判断です。
なので、以下のタイ現地在住のアベさんやかじさん、また荒井さんの見解等も参考にしてみましょう。

→参考「アベさんのアジア株タイ株海外投資ロングスティ。」
→参考「かじさんのバンコク日記」
→参考「荒井裕之のアジア株一発勝負」


さて、先日知床から戻ったばかりですが(笑)、明日から香港に行きます。
今回は取材も兼ねて、パンローリングのIさんと一緒に行きますが、とてもタイトなスケジュール。
朝から晩までアポイントで、スケジュール帳が埋め尽くされてしまいました。

タイがこんなことになって、香港のアナリストたちは本心どう思っているか?気になるところ。
タイのSEAMICO証券の親会社である、QUAM社の会長Bさんとのミーティングも入っていますので、
色々と情報いただいてこようと思っています。



→香港をハブとした本気の資産運用セミナー in 東京・茅場町(10/22) 参加者募集中!

毎月香港へ飛んで、金融機関のキーマンから生の情報を得ているkz@銅鑼湾が、BLOGでは
決して書くことのできない、ホットな情報や、香港をハブとした国際分散投資の具体的手法と
そのメリット・デメリットなどを、実際の経験をもとに話します(主催:日本ファイナシャルアカデミー

アジア株一発勝負! ——香港投資プロが指南! アジア富裕層への極意
アジア株一発勝負! ——香港投資プロが指南! アジア富裕層への極意
荒井 裕之 イングリッド・チェン

関連商品
タイ株投資完全マニュアル
日本人が知らなかったベトナム株
中国企業情報 2006年下期版
2年で元手を50倍にするアジア株投資術
臆病者のための株入門
by G-Tools


香港資産運用奮闘記ASEAN・極東 > タイで軍事クーデター。タイ政局混迷深まる


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのコメント
  1. 今回のタイの軍事クーデターですが、タイ国民のパワーが結集して、クーデターが発生したわけではありません。
    タクシン政権は、国会の75%の議席を有して、タイ東北部の有権者(金で買われた有権者ですが)には、絶対の人気があります。
    シンコーポレーション売却に関わる脱税事件でも、怒り狂ったのは、バンコクの中産階級で、タイ全体からすれば少数です。
    つまり、今回のクーデター、タクシン追放を行ったのは、国王の意を受けた国王派のプレム氏及びソンテイ司令官です。
    タイ国民も、現在では、クーデター支持が多数派になったようですが、クーデター前は、タクシン支持派の方が優勢でした。
    Posted by Lexus at 2006年09月21日 13:43

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます