香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!
2007年04月14日

ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!

最近、水資源、水ビジネスが注目を浴びています。
当掲示板でも、設定されたばかりのLYXOR WATER FUNDが話題になっていますね。

世界の水資源利用は農業用水、工業用水、生活用水の順に多く、河川や湖の水だけでなく地下水の利用もあります。
しかし一方で、洪水や干ばつ、水質汚染、また地下水の枯渇問題などもあり、今後の問題として注目を浴びています。

でも私たち日本人にとって、もともとある地下水が枯渇すると言うのはとても重大な問題ですが、
UAEなどのアラビア半島は、砂漠の国ですからそもそも地下水などというものが最初からありません。

しかし、砂漠の街ドバイでは街の至るところで噴水がじゃんじゃん惜しげもなく噴出されており、
芝生や緑には全自動スプリンクラーから24時間つねに水を供給。さらに飲料水は安くて美味しいのです。
現地の仏系スーパーマーケットカルフールに行くと、ボトルウォーター売り場だけでも相当数のブランドがあり、
その売り場面積も想像を絶するとてつもないデカサなのです。

日系航空会社の飛行機に乗ると機内で出てくるミネラルウォーターはmasafi(マサフィ)というブランドで
これは、メイドインドバイのミネラルウォーターです。

航空会社のみならず、日本ではホテルやレストラン、スポーツクラブなどでこのmasafi(マサフィ)という水が
大活躍
していますが、意外とドバイ産だということは知られていません。
→参考「masafi(日本語ページ)」
→参考「masafi official website」

ちなみにmasafiは数少ないラスアルハイマの貴重な地下水脈から作られています。(^ー^)

アラブ首長国連邦を構成する7つの首長国





















さて、この安くて美味しい飲料水や、またドバイの街のあちこちで惜しげもなく噴出されている噴水は、
砂漠の国の一体どこから沸いて出てくるのでしょうか??


答え→ドバイは水需要のほとんどを海水蒸留水で賄い、ほんの一部を地下水に依存しています。

2003年のUAE全生産量は約2164億ガロンでした。大型造水プラントはアブダビとドバイのジュベル・アリに集中しており、
世界初の多段式フラッシュ法という技術により常時、海洋深層水の淡水化が24時間行われています。

一度も空気に触れることのない海洋深層水は通常の水よりもミネラル成分がたっぷりで人間の身体にもよく
ドバイのこの造水プラントによる水の生産量はサウジアラビアに次いで世界第2位なのです。
→関連記事「サウジアラビアが国内6カ所1200億ドルの「メガ経済都市」建設」


これら造水プラントで生産された水は、UAEではほとんどが家庭用、緑化用、農業用として消費されており、
年間供給量は1993年の352億5200万ガロンから2003年には1204億1400万ガロンへと4倍近くに増加しています。

送水パイプラインとポンプ・ステーションの増設工事も年々行われており、パイプラインの総延長は1300キロに、
ポンプ・ステーション数は34にそれぞれ増加し、UAE国内の水の供給能力は日々拡大しています。

これら造水関連施設の拡充に加え、水資源の管理・開発・調査や新規掘削なども行われているほか、
フジャイラ、ラスアルハイマの山岳地方を中心として、貯水用ダムもUAE国内に次々と建設されています。

ドバイでは水資源を戦略資源と考えており、水の会社も株式市場に上場されています。

Emirates Food Stuff & Mineral Water Company
(エミレーツ・フード・スタッフ・アンド・ミネラルウォーター・カンパニー)

概要:アル・アイン・ミネラル・ウォーター社などを傘下に持つ、水・食品関連の会社
設立:2004年10月
上場市場:アブダビ証券取引所
証券シンボル:AGTHIA.AD
株価:AED 1.21(2007/4/13現在)
PER:25.3倍
利益成長率:4.59%
時価総額:AED 726,000,000(約232億円程度)


AGTHIA.AD














AGTHIAは原油バブル崩壊から下がり続け、だいぶ安くなってきました。そろそろ上昇トレンドの入り口という感じでしょうか。

水は将来確かに有望ビジネスですが、コカコーラなど大手も本気で参入を始めた競走の激化するビジネスです。
なので、「水の会社の株がよい」と思って買っても、多くは必ず淘汰される運命をたどっていくことと思いますので、
世界的に競争力の高い企業を選ばなくてはいけません。ちなみに水宅配はユニクロも参入はじめました。

世界の“水”が支配される!―グローバル水企業(ウオーター・バロン)の恐るべき実態
世界の“水”が支配される!―グローバル水企業(ウオーター・バロン)の恐るべき実態
国際調査ジャーナリスト協会(ICIJ) 佐久間 智子

関連商品
ウォーター・ビジネス
ウォーター・マネー
「水」戦争の世紀
水の世界地図
ウォーター・ウォーズ―水の私有化、汚染、そして利益をめぐって
by G-Tools


ドバイに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「ドバイ」
→関連記事「ドバイは香港同様、様々な情報がスピーディに集まる街」
→関連記事「UAEの証券取引所比較」
→関連記事「DIFC(ドバイ国際金融センター)オリジナルUSBメモリ」
→関連記事「ドバイの独立系ニュータイプオンラインブローカー"MAC Sharaf Securities"」
→関連記事「ドバイ近郊のベッドタウン、シャルジャに行きました」
→関連記事「DIFC(ドバイ国際金融センター)に行ってきました」
→関連記事「ドバイに到着しました」
→関連記事「ドバイの宝くじ 〜Dubai Duty Free's Millennium Millionaire〜」
→関連記事「ドバイにてカメルーン人の仏銀バンカーに出会う」
→関連記事「今日から ドバイ(Dubai・UAE)へ行ってきます」
→関連記事「砂漠のオアシスドバイからです。この街すごすぎ・・・・」
→関連記事「エミレーツ航空のエコノミークラスは、メールの送受信ができます」
→関連記事「ドバイ(Dubai・United Arab Emirates)のDVDが完成しました」
→関連記事「HSBC Bank Middle East(ドバイのHSBC)でディルハム通貨を引き出す」
→関連記事「ドバイ観光には"THE BIG BUS"での移動がおすすめ」
→関連記事「ドバイの石油開発会社THANI INVESTMENTS(タニインベストメント)を訪問しました」
→関連記事「2009年の開業を目指すドバイの地下鉄(Dubai Metro)」
→関連記事「2016年の開港を目指すドバイの新空港ジェベルアリ国際空港(Jebel Ali Airport)」
→関連記事「ドバイの高級不動産はイギリスの5分の1の価格?!」
→関連記事「投資先としてのGCC(Gulf Cooperation Council)諸国」

サウジアラビアに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「サウジアラビア」
→関連記事「サウジアラビアが国内6カ所1200億ドルの「メガ経済都市」建設」
→関連記事「湾岸6カ国単一通貨2010年導入、そして2015年変動相場制へ」

カタールに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「カタール」
→関連記事「ドーハ(カタール)の宝くじ 〜Qatar Duty Free's Millionaire〜」
→関連記事「ドーハ(カタール)の金融センターと建設ラッシュ」
→関連記事「ドーハ(カタール)に行って来ました」


香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのコメント
  1. はじめまして。
    私はドバイで暮らしておりますが、
    このUAEの地図の画像、日本語のもので新しいもの、初めてみました。
    恐縮ですが、この画像をお借りしてよろしいでしょうか。

    今のところは、なにに転載する、と決めているわけではありませんが、
    何かの折に、使わせていただきたく、お願い申し上げます。

    Posted by ムーラン at 2008年12月15日 13:52

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます