香港資産運用奮闘記その他新興国 > スーダンのハルツーム証券取引所
2007年08月10日

スーダンのハルツーム証券取引所

スーダンのハルツーム証券取引所は今後どうなのか?

そんな疑問をふと思い、先日スーダンの銀行に片っ端からメール送りました。10件くらい送りました。
が、しかし送ったメールは全部戻ってきてしまいました。


スーダンにはメールさえ送れないみたいです。いきなりしょっぱなから出ばなをくじかれました(苦笑)
しかも、ハルツーム証券取引所のホームページを見てみると、「株価情報」とか書いてあるけど
5月から全然更新されてないし・・・(苦笑)

ダルフール紛争も長年続いていますし、それが沈静化する気配も無いし、やはりまだまだ早すぎますね。
人よりも早く動くのは大好きなのですが、スーダンはどうやらかなり早すぎるようです。

ダルフール紛争は調べれば調べるほど、奥深く深刻な問題です。

スーダンには石油やレアメタルが豊富に埋まっており、その利権が絡んでいますので、
中国やパキスタンに対して、英米仏などの思惑が反発していて、なかなか解決しません。

ダルフール紛争はアラブ系vs非アラブ系の民族紛争というだけではなく、世界中の思惑が
大きく絡む大きな問題です。そんな不安定な状況が長年続いていますから、スーダンはなんと、

「世界失敗国家ランキング一位の国」とまで言われています(汗)

しかし、スーダンの2007年の経済成長率予測は世界第3位、しかもエミレーツ航空はハルツーム
(スーダンの首都)までデイリー運行。
ドバイ⇒ハルツームへの航空需要は日々高まっているようです。

ちなみにスーダンテレコム(スダテル)は、ハルツーム証券取引所ではなくUAEのアブダビ証券取引所に
上場しています。ドバイ株個別銘柄コミュニティにもスレッド立っていますが、スダテルは要注目です。

SDTL












Sudan Telecommunications [SDTL] (アブダビ証券取引所上場)

それと、NBAD(ナショナルバンクオブアブダビ)のファンドマネージャで私の投資仲間のD氏も
「スダテル」を買っております。投資スタンスはあくまでも冒険・万馬券狙いのようですが。
治安が悪くて固定電話回線などがひけず、そして国民のコミュニケーションツールとして必須、
そんな背景があり、スーダンでの携帯電話の需要は急速に拡大しているそうです。

Etisalat (エティサラート)UAE最大の通信会社、エティサラート(Etisalat)も、
スダテルの大株主であることに加え、スーダン国内での通信ライセンス
を獲得しております。

←先日のドバイで、エティサラート本社ビルにも行きました。




ドバイ株投資完全マニュアル
ドバイ株投資完全マニュアル
石田和靖

関連商品
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編・特選41銘柄
タイ株入門―割高な中国・ベトナム株からASEANの優等生へ-長期分散投資が成功をもたらす
日本人が知らなかったVISTA株
口座開設から、銘柄選び・儲け方まで ベトナム株完全投資ガイド
ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則
by G-Tools


関連記事:
"スーダン"に関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「スーダン」
スーダンの銀行めぐり(その1) 〜スーダンポンドを調達するために〜
湾岸産油国、海外で農業投資拡大 〜スーダンの農地開発〜
スーダンのハルツームという都市
WITVダイジェスト 「スーダン・アルモグラン都市開発プロジェクト」
首都ハルツーム厳戒態勢
スーダン(SUDAN)入国後の外国人登録(Passport Registration)について
ハルツーム(スーダン)の警察
スーダン(SUDAN)入国に関して
ドバイ&ハルツーム(スーダン)から帰りました
いよいよスーダンへ
スーダンの査証申請その6 〜いよいよスーダン査証を受け取り〜
スーダンの査証申請その5 〜英文予約確認書(Reservation Certificate)〜
スーダンの査証申請その4 〜英文身元保証書(Letter of Guarantee)〜
スーダンの査証申請その3 〜英文会社推薦状(Recommendation Letter)〜
スーダンの査証申請その2 〜査証申請書(Application For SUDAN Entry Visa)〜
スーダンの査証申請その1 〜観光査証(Toursit Visa)〜
次なるイスラム新興国グループ「SASOLI(サソリ)」
スーダンのハルツーム証券取引所


▼コチラもどうぞ!WorldInvestors.TVダイジェスト(ドバイ・中東・アフリカ)
「石田和靖、アフリカ・スーダンへ行く!」



関連記事:
ドバイに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「ドバイ」
All About 戸松さんのおすすめガイド記事に"ドバイの魅力とリスク"が掲載されました
新刊のお知らせ 〜ドバイ株投資完全マニュアル〜
ドバイ株投資完全マニュアル amazonプレゼントキャンペーン!
ドバイの不動産情報その2 〜ドバイの不動産はバブるか?!〜
ドバイの不動産情報その1 〜意外とそれほど高くない?ドバイの不動産〜
ドバイ×ベトナム投資セミナー開催! in 東京/大阪/名古屋/広島(6月)
ユニバーサル・スタジオ、ドバイにテーマパーク建設へ
驚異的な売上を記録するドバイのサマーセール
エミレーツ航空が好決算、航路を更に拡大
2016年の夏季五輪にドバイが立候補?!
中国向けを大幅に抜いている中東・アフリカ向けの建設機械輸出
"世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー"がDVDになりました
ドバイ株投資オンラインセミナー、多数のご参加ありがとうございました!
アラブ連盟、イスラエルと直接交渉
アフリカの政府・金融機関、国際市場で起債続々
ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!
世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー、4月12日(木) 開催のお知らせ
ドバイは香港同様、様々な情報がスピーディに集まる街
UAEの証券取引所比較
DIFC(ドバイ国際金融センター)オリジナルUSBメモリ
ドバイの独立系ニュータイプオンラインブローカー"MAC Sharaf Securities"
ドバイ近郊のベッドタウン、シャルジャに行きました
DIFC(ドバイ国際金融センター)に行ってきました
ドバイに到着しました
ドバイの宝くじ 〜Dubai Duty Free's Millennium Millionaire〜
ドバイにてカメルーン人の仏銀バンカーに出会う
今日から ドバイ(Dubai・UAE)へ行ってきます
砂漠のオアシスドバイからです。この街すごすぎ・・・・
エミレーツ航空のエコノミークラスは、メールの送受信ができます
ドバイ(Dubai・United Arab Emirates)のDVDが完成しました
HSBC Bank Middle East(ドバイのHSBC)でディルハム通貨を引き出す
ドバイ観光には"THE BIG BUS"での移動がおすすめ
ドバイの石油開発会社THANI INVESTMENTS(タニインベストメント)を訪問しました
2009年の開業を目指すドバイの地下鉄(Dubai Metro)
2016年の開港を目指すドバイの新空港ジェベルアリ国際空港(Jebel Ali Airport)
ドバイの高級不動産はイギリスの5分の1の価格?!
投資先としてのGCC(Gulf Cooperation Council)諸国

サウジアラビアに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「サウジアラビア」
サウジとエジプトを結ぶ、紅海横切る世界最長の海上橋
サウジアラビアが国内6カ所1200億ドルの「メガ経済都市」建設
湾岸6カ国単一通貨2010年導入、そして2015年変動相場制へ

カタールに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「カタール」
ドーハ(カタール)の宝くじ 〜Qatar Duty Free's Millionaire〜
ドーハ(カタール)の金融センターと建設ラッシュ
ドーハ(カタール)に行って来ました


香港資産運用奮闘記その他新興国 > スーダンのハルツーム証券取引所


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのコメント
  1. はじめまして ひぞうと申します。
    2年以上前からKZさんのHPを参考にいろいろ海外投資
    を行ってきました。
    実はKZさんのドバイ投資の本を購入しそれを手本にマックシャラフ
    証券に口座開設したところまでは良かったんですが,7/23にUSD2000を
    インターネットでHSBC香港から送りました。

    7/27になっても何もないので、今度はHSBCの送金確認書(Acknowledgement)をFAXで送りました。しかし、それから数日たっても連絡ないので再度8/6につたない英語でかなり詳しく書いたつもりですがいまだに何の返事もないしだいです。HSBCへの送金先登録等確認しましたがとくに番号等に間違いはないようなのでどうすればいいかわからず困っています。何かいい知恵がありましたらお聞かせください。


    Posted by ひぞう at 2007年08月11日 16:48

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます