香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)に行ってきました
2007年08月20日

パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)に行ってきました

7/30〜8/3のドバイ渡航では、色々行ってきました。
また先日のドバイでの出来事を少しづつ更新していきたいと思います。

関連記事:
いざドバイへ向けて、出発
気温45度のドバイに到着しました
ドバイ・名古屋・大阪から帰りました
ヨハネスブルク証券取引所(南アフリカ)四季報
シュアキャピタル(SHUAA Capital PSC)のTさんとお食事

世界最大級の人工リゾートアイランド「The Palm Jumeirah」

今回は初めて、あの世界最大級の人工リゾートアイランド"パームジュメイラ"へ行ってきました。
パームジュメイラは、ビルゲイツ、ミハエルシューマッハ、デビッドベッカムなど世界の大富豪著名人が
第1期工事の販売時に、別荘として購入したと噂される、ドバイのランドマーク的存在の島です。

今回は、ドバイの不動産コンサルタント会社MIRAJさんにお世話になり、ドバイの複数の不動産物件を
大変親切に案内していただきました。MIRAJのMさん、Fさんありがとうございました。^^

今回ご案内いただいた開発物件は、以下の3エリア。
・パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)
・ドバイマリーナ(Dubai marina)
・エミレーツヒルズ(Emirates Hills)

パームジュメイラは、政府系不動産デベロッパーのナキール(Nakheel)が開発しています。
ドバイマリーナとエミレーツヒルズは、ご存知エマールプロパティ(EMARR properties)です。

まずは、パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)について書いてみたいと思います。

ここは、埋め立てはほぼ完了しており、現在その埋立地の上に住居やホテル、商業施設や学校などの不動産、
また、モノレールや高速道路、ヨットハーバーなどの様々なインフラを24時間突貫工事中です。

The Palm JumeirahThe Palm JumeirahThe Palm Jumeirah








「Palm」とは「椰子の木」、「jumeirah」とはアラビア語で「美しい」を意味しますので、
「The Palm Jumeirah」とは、「美しい椰子の木」という意味になります。

この椰子の木の幹の根本に、ナキールの販売・開発事務所があります。(写真左上)
このナキールの事務所には、販売コンサルティングブースや、ローン相談、モデルルーム、ジオラマなど、
パームジュメイラに関する様々なリテールサービスを行っています。

ちなみにここを出入りしている人たちは、ほとんどが欧米人またはロシア人でした。日本人はもちろんいません。
以前、ドバイの不動産はロシア人や英国人の購入者が多いということを聞きましたが、
ここもロシア語のパンフレットなど置いてありました。(他、英語、アラビア語、仏語など)

事務所のエントランスを抜けると、そこに大きな吹き抜けがあり(写真中上)、そこに大きな、
パームジュメイラのジオラマが展示されています。(写真右上・左下)

The Palm JumeirahThe Palm JumeirahThe Palm Jumeirah







さて、結構大きなナキールの販売事務所内をひと通り見学して話を聞いて、ソファに座っていると、
ナキールの社員から高級な器で、アラビックコーヒーのおもてなしがありました。
アラビックコーヒーを飲んで一息ついた後、早速パームジュメイラに上陸してみます。(^ー^)b

実際に車で中に入ってみると、いや想像していたよりも遥かにデカイ印象を受けました。
島の先端は、遠く遠く遠く・・・・遥か彼方のほうに、見えるか?見えるか?見えない!と言った感じ。

現在不動産建設は、この幹の部分の半分以上が完了しているとのことですが、どれも結構高級そうです。
しかし、ここはすべて10階建て程度のマンションが多く、本当の金持ち向け物件は、椰子の葉っぱの部分。
椰子の葉っぱの部分になると、みんな自家用クルーザーで移動ですし、すべてが一戸建ての個別ヴィラ。
そして、すべての物件にプライベートビーチがついているという、贅沢ぶり。

残念ながら、この幹の先はまだまだ工事中ですので、工事関係車両以外は立ち入り禁止となっています。
しかし、綺麗なペルシャ湾の海は撮っておきたいので、幹の部分のビーチに降りて写真を撮りました。(写真中上)
また、幹の部分のメインストリートにも降り立って写真を撮ってみました。(写真右上)

しっかし、この日なんてったって気温48度ですから(笑)、5分と外に立ってられない状態!(笑)
写真撮影後は、さっさと車に戻ってきました。(同行したTさんは車さえも降りれませんでした・笑)

このパームジュメイラ、すべてが完成するのはまだまだ先ですが、今後とても楽しみです。

ドバイ株投資完全マニュアル
ドバイ株投資完全マニュアル
石田和靖

関連商品
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編・特選41銘柄
タイ株入門―割高な中国・ベトナム株からASEANの優等生へ-長期分散投資が成功をもたらす
日本人が知らなかったVISTA株
口座開設から、銘柄選び・儲け方まで ベトナム株完全投資ガイド
ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則
by G-Tools

アフリカのことがマンガで3時間でわかる本―多民族がひしめく無限の大陸 (アスカビジネス)
アフリカのことがマンガで3時間でわかる本―多民族がひしめく無限の大陸 (アスカビジネス)
大迫 秀樹

関連商品
ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本―BRICsの一角で注目される
イスラムのことがマンガで3時間でマスターできる本―日本人イスラム教徒が語る (アスカビジネス)
クラウゼヴィッツの戦争論のことがマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)
揺れる帝国アメリカのことがマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)
韓国のことがマンガで3時間でわかる本―へぇーそうなのか! (アスカビジネス)
by G-Tools


関連記事:
ドバイに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「ドバイ」
All About 戸松さんのおすすめガイド記事に"ドバイの魅力とリスク"が掲載されました
新刊のお知らせ 〜ドバイ株投資完全マニュアル〜
ドバイ株投資完全マニュアル amazonプレゼントキャンペーン!
ドバイの不動産情報その2 〜ドバイの不動産はバブるか?!〜
ドバイの不動産情報その1 〜意外とそれほど高くない?ドバイの不動産〜
ドバイ×ベトナム投資セミナー開催! in 東京/大阪/名古屋/広島(6月)
ユニバーサル・スタジオ、ドバイにテーマパーク建設へ
驚異的な売上を記録するドバイのサマーセール
エミレーツ航空が好決算、航路を更に拡大
2016年の夏季五輪にドバイが立候補?!
中国向けを大幅に抜いている中東・アフリカ向けの建設機械輸出
"世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー"がDVDになりました
ドバイ株投資オンラインセミナー、多数のご参加ありがとうございました!
アラブ連盟、イスラエルと直接交渉
アフリカの政府・金融機関、国際市場で起債続々
ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!
世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー、4月12日(木) 開催のお知らせ
ドバイは香港同様、様々な情報がスピーディに集まる街
UAEの証券取引所比較
DIFC(ドバイ国際金融センター)オリジナルUSBメモリ
ドバイの独立系ニュータイプオンラインブローカー"MAC Sharaf Securities"
ドバイ近郊のベッドタウン、シャルジャに行きました
DIFC(ドバイ国際金融センター)に行ってきました
ドバイに到着しました
ドバイの宝くじ 〜Dubai Duty Free's Millennium Millionaire〜
ドバイにてカメルーン人の仏銀バンカーに出会う
今日から ドバイ(Dubai・UAE)へ行ってきます
砂漠のオアシスドバイからです。この街すごすぎ・・・・
エミレーツ航空のエコノミークラスは、メールの送受信ができます
ドバイ(Dubai・United Arab Emirates)のDVDが完成しました
HSBC Bank Middle East(ドバイのHSBC)でディルハム通貨を引き出す
ドバイ観光には"THE BIG BUS"での移動がおすすめ
ドバイの石油開発会社THANI INVESTMENTS(タニインベストメント)を訪問しました
2009年の開業を目指すドバイの地下鉄(Dubai Metro)
2016年の開港を目指すドバイの新空港ジェベルアリ国際空港(Jebel Ali Airport)
ドバイの高級不動産はイギリスの5分の1の価格?!
投資先としてのGCC(Gulf Cooperation Council)諸国

サウジアラビアに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「サウジアラビア」
サウジとエジプトを結ぶ、紅海横切る世界最長の海上橋
サウジアラビアが国内6カ所1200億ドルの「メガ経済都市」建設
湾岸6カ国単一通貨2010年導入、そして2015年変動相場制へ

カタールに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「カタール」
ドーハ(カタール)の宝くじ 〜Qatar Duty Free's Millionaire〜
ドーハ(カタール)の金融センターと建設ラッシュ
ドーハ(カタール)に行って来ました


香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)に行ってきました


この記事へのトラックバックURL

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます