香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > サウジアラビアの査証申請その3 〜いよいよサウジアラビア大使館へ〜
2007年09月04日

サウジアラビアの査証申請その3 〜いよいよサウジアラビア大使館へ〜

10月のリヤド行きに備え、現在サウジの査証申請について準備を進めています。
必要書類が一通り揃ったところで、今朝六本木にあるサウジアラビア大使館へ行きました。

関連記事:
サウジアラビアの査証申請その1 〜商用短期訪問ビザ(VisitingVisa)〜
サウジアラビアの査証申請その2 〜招聘状(InvitationLetter)〜

サウジアラビアの短期商用ビザに必要な書類をもう一度おさらいします。
商用短期訪問ビザ(VisitingVisa)の申請に必要な書類は、以下8点になります。

ビザ申請書
⇒こちらからダウンロードして記入する
招聘状
⇒ビザ申請者を受入れる、サウジアラビア側の会社が作成し、サウジアラビア商工会議所認証印をとったもの
認証後3ヶ月以内のもの。コピー可)または、サウジアラビア外務省から発行された許可番号通知書
推薦状
⇒ビザ申請者が所属する日本の会社が英文で作成し、日本の商工会議所認証印をとったもの。認証後1ヶ月以内
英文フライト・スケジュール(Itinerary)
⇒陸路で入国する場合もその旨を“By car”と記載
(以上、順番にホチキス留め)

パスポート
⇒有効期間6ヶ月以上のもの
申請手数料
⇒ビザ申請料金(シングル \7,000/マルチプル \17,000)
(※大使館指定の用紙で事前に銀行窓口で振込み、大使館控えとそのコピーを添付)
写真2枚(縦5cm×横4cm、背景白)
⇒1枚は申請書に貼付け、もう1枚は振込み用紙の大使館控えとそのコピーとともにパスポート表紙にクリップ留め
外国籍の方の申請の場合は、外国人登録証の表裏のコピー(日本人はもちろん不要)

以上の書類がすべて準備できたら、
開館時間(毎週月曜日〜金曜日の9:00〜11:00)サウジアラビア大使館領事部に申請します。

慣れればどうってことないんでしょうけど、なんせ初めての経験なもので、書類を揃えるのに四苦八苦しました。
HSBCマックシャラフ証券の口座開設などは、とても可愛いものです。f(^ー^;

以上の書類を持参して、六本木にあるサウジアラビア大使館へ行きました。

サウジアラビア大使館





















サウジアラビア大使館は、幸いにも私の会社から徒歩10分程度の場所にあり、ご近所さんです。
入り口は鉄格子で囲まれてガードマンが睨みを効かせていて、厳重なセキュリティ体制にようです。

わたし: 「あ、査証申請に来たんですが。」
警備員: 「こちらからお入りください。」


鉄格子をギギギーと開けてもらい、セキュリティチェックを通過します。持ち物すべてをX線に通し、
携帯、パソコン、デジカメなどの電子機器類は持ち込み禁止なので、警備に預けて引き換え札をもらい、
名前、所属会社名、電話番号、入館時間などを記入して大使館の中に入ります。

大使館の中に入ると、サウジアラビアの神聖なる雰囲気がとても重々しく感じます。
本当はその神聖なる雰囲気を写真におさめてみなさんにお見せしたいところですが、写真撮影は勿論禁止。
そしてまず、査証担当の窓口に行き、書類に不備がないかどうか念のためチェックしてもらいました。

椅子に腰掛けて待つこと数分。。。書類不備がばっちりありました(苦笑)

記入漏れの箇所が数箇所、そして査証申請代金の振り込み用紙を手渡され、代金振り込み完了後に、
振り込み明細を一部コピーをとって、もう一度窓口に申請に来るように
と指示されました。

こういうときに、東京に住んでてよかったなぁと痛感します。。。
で、再度必要書類をそろえた後にもう一度窓口を訪れました。すべて提出し受付完了!

「査証の受取は明日の15時〜16時ですので、その時間にこの引き換えカードを持ってきてください。
代理人様がいらしても、このカードと申請者のお名前が照合できれば大丈夫です。」


というわけで、明日の夕方、サウジアラビアの商用短期訪問ビザが取得できます。

⇒サウジアラビアの査証申請その4 〜商用短期訪問ビザ受け取り〜


⇒投資手帳 2008年版 amazonプレゼントキャンペーン!
「投資手帳 2008年版」は、2007年9月9日(日)〜10日(月)<2日間限定>のamazonプレゼントキャンペーンを行ないます。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

投資手帳 2008年版「投資手帳 2008年版」
著者:山中康司&石田和靖/価格:2,100円 (税込)/出版社:パンローリング
ハードカバー/2007年9月13日発売予定

【この手帳の特徴】
●金融占星術入り手帳。2008年の「投資に向いている日」「投資に向いていない日」がひとめでわかる!
●2007年10月〜2008年12月までの見開きダイアリーと金融占星術データで、10月からすぐに使える
●世界の経済データ、主要国の5年株価チャート、投資・金融用語集などを巻末付録に掲載
●痛みにくいハードカバー、海外旅行に重宝する航空券収納サイズ、シンプルで飽きのこないデザイン
・・・と、機能的にもデザイン的にも、こんな手帳があったらいいなーという思いで作りました。


ドバイ株投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ 5)
ドバイ株投資完全マニュアル (本気の海外投資シリーズ 5)
石田和靖

関連商品
タイ株投資完全マニュアル 企業情報編・特選41銘柄 (本気の海外投資シリーズ 4)
タイ株入門―割高な中国・ベトナム株からASEANの優等生へ-長期分散投資が成功をもたらす
日本人が知らなかったVISTA株
ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則
口座開設から、銘柄選び・儲け方まで ベトナム株完全投資ガイド
by G-Tools

こちらでも海外投資ネタブログを更新中です。よろしくお願いします。m(_ _)m
⇒パンローリング著者によるブログ「PanRolling投資の仲間たち」

関連記事:
ドバイに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「ドバイ」
UAEが地球温暖化に対処する省エネ地区「グリーンシティー」の建設を発表
ドバイマリーナ(Dubai Marina)に行ってきました
エミレーツヒルズ(Emirates Hills)に行ってきました
パームジュメイラ(The Palm Jumeirah)に行ってきました
シュアキャピタル(SHUAA Capital PSC)のTさんとお食事
ヨハネスブルク証券取引所(南アフリカ)四季報
ドバイ・名古屋・大阪から帰りました
気温45度のドバイに到着しました
いざドバイへ向けて、出発
All About 戸松さんのおすすめガイド記事に"ドバイの魅力とリスク"が掲載されました
新刊のお知らせ 〜ドバイ株投資完全マニュアル〜
ドバイ株投資完全マニュアル amazonプレゼントキャンペーン!
ドバイの不動産情報その2 〜ドバイの不動産はバブるか?!〜
ドバイの不動産情報その1 〜意外とそれほど高くない?ドバイの不動産〜
ドバイ×ベトナム投資セミナー開催! in 東京/大阪/名古屋/広島(6月)
ユニバーサル・スタジオ、ドバイにテーマパーク建設へ
驚異的な売上を記録するドバイのサマーセール
エミレーツ航空が好決算、航路を更に拡大
2016年の夏季五輪にドバイが立候補?!
中国向けを大幅に抜いている中東・アフリカ向けの建設機械輸出
"世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー"がDVDになりました
ドバイ株投資オンラインセミナー、多数のご参加ありがとうございました!
アラブ連盟、イスラエルと直接交渉
アフリカの政府・金融機関、国際市場で起債続々
ドバイは砂漠の国なのに水が安くて美味しい?!
世界最先端!ドバイ株投資オンラインセミナー、4月12日(木) 開催のお知らせ
ドバイは香港同様、様々な情報がスピーディに集まる街
UAEの証券取引所比較
DIFC(ドバイ国際金融センター)オリジナルUSBメモリ
ドバイの独立系ニュータイプオンラインブローカー"MAC Sharaf Securities"
ドバイ近郊のベッドタウン、シャルジャに行きました
DIFC(ドバイ国際金融センター)に行ってきました
ドバイに到着しました
ドバイの宝くじ 〜Dubai Duty Free's Millennium Millionaire〜
ドバイにてカメルーン人の仏銀バンカーに出会う
今日から ドバイ(Dubai・UAE)へ行ってきます
砂漠のオアシスドバイからです。この街すごすぎ・・・・
エミレーツ航空のエコノミークラスは、メールの送受信ができます
ドバイ(Dubai・United Arab Emirates)のDVDが完成しました
HSBC Bank Middle East(ドバイのHSBC)でディルハム通貨を引き出す
ドバイ観光には"THE BIG BUS"での移動がおすすめ
ドバイの石油開発会社THANI INVESTMENTS(タニインベストメント)を訪問しました
2009年の開業を目指すドバイの地下鉄(Dubai Metro)
2016年の開港を目指すドバイの新空港ジェベルアリ国際空港(Jebel Ali Airport)
ドバイの高級不動産はイギリスの5分の1の価格?!
投資先としてのGCC(Gulf Cooperation Council)諸国

サウジアラビアに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「サウジアラビア」
サウジアラビアの査証申請その3 〜いよいよサウジアラビア大使館へ〜
サウジアラビアの査証申請その2 〜招聘状(InvitationLetter)〜
サウジアラビアの査証申請その1 〜商用短期訪問ビザ(VisitingVisa)〜
アラビアのバフェット"世界第5位の富豪" アルワリード王子の投資手法
サウジのアルワリード王子率いるキングダムホールディングが来月上場
サウジアラビアの証券会社ムバシェル証券(Mubasher)へ行ってきました
サウジとエジプトを結ぶ、紅海横切る世界最長の海上橋
サウジアラビアが国内6カ所1200億ドルの「メガ経済都市」建設
湾岸6カ国単一通貨2010年導入、そして2015年変動相場制へ

カタールに関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「カタール」
ドーハ(カタール)の宝くじ 〜Qatar Duty Free's Millionaire〜
ドーハ(カタール)の金融センターと建設ラッシュ
ドーハ(カタール)に行って来ました


香港資産運用奮闘記GCC(ペルシャ湾岸)・MENA > サウジアラビアの査証申請その3 〜いよいよサウジアラビア大使館へ〜


この記事へのトラックバックURL
    この記事へのコメント
  1. こんにちは。
    私が1996年にドバイに行ったときは、日本人も事前の
    ビザ取得が必要で、しかも日本から予約可能なホテルに予約を取って
    そのホテルからビザの申請をしてもらうというシステムで
    ホテルが結局ジュメイラビーチのスイートしかとれなくて
    1泊5万円+ビザ代3万円というえらい金のかかった記憶があります。
    (4泊して、エミレーツのチケットがシンガポール経由で16万円、
      合計約40万というお大臣旅行でした)
    当時サウジアラビアにはトランジットビザがあったと思いますが
    今はないのでしょうか?


    Posted by OnsidekickRecover at 2007年09月04日 22:58

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます