香港資産運用奮闘記その他新興国 > スーダンの銀行めぐり(その4) 〜スーダンの銀行はエアコンが効いています〜
2008年08月24日

スーダンの銀行めぐり(その4) 〜スーダンの銀行はエアコンが効いています〜

Export Development Bankさて、キンキンに冷えたフレッシュグアバジュースで喉の渇きを潤した後も、
スーダンの銀行めぐりは続きます。

色んな銀行や両替屋を紹介してもらうのですが、とにかく日本円の両替は困難
この国では、日本円の通用度は完璧ゼロと言ってもいいでしょう。
スーダンへ訪問する際は、米ドルかユーロの現金を多めに持参しましょう。


バンク・オブ・ハルツームで、エキスポートデベロップメントバンクを紹介してもらいました。ここはその名前のごとく、

「Export Development Bank(輸出開発銀行)なので、外貨を多く扱ってるのではないか?」

との、バンク・オブ・ハルツームの担当者が言っておりました。
そしてその本店も、ここハルツームのバンクストリート近辺に位置しています。が、しかし・・・

あっけなくここも撃沈。円⇒スーダンポンドへの両替はなかなかできません。
とにかくどこの銀行行っても両替はできないのですが、以下のような親切な対応をしてくれるわけです。


わたし:
「日本からやってきて、日本円しか持ってないのだけど、どこかで円をスーダンポンドに両替できないものか?」

銀行の担当者:
「ブルーナイル・マシュレグ・バンクだったら、外国人のお客さんが多いから替えてくれるかも」

わたし:
「それはここから近いのですか?」

銀行の担当者:
「いま場所教えてあげるから、ちょっと待ってて」



・・・と、こんな感じでやりとりをして、地図を書いてもらって、次の銀行へ行き、また同じことの繰り返しで、
結局銀行6〜7件、両替屋も6〜7件ほどたらい回しにされるのですが(笑)、とにかくスーダン人は親切で、

「日本円の両替は○○に行けばできるかもしれない」

と、必ず言ってくるので(笑)、あきらめがつかずに次の銀行へと足を運ぶこととなります(笑)
そしてまた同様に、エキスポートデベロップメントバンクの担当者が、次の銀行を紹介してくれました。

ブルーナイル・マシュレグ・バンク(Blue Nile Mashreg Bank)!

Blue Nile Mashreg Bank「おぉ!名前がカッコイイ!(笑)」

ちなみにUAEには、大手銀行で
マシュレクバンク(Mashreq Bank)というのがありますが、
そこと、ブルーナイル・マシュレグ・バンクがどのような
関係があるのかは、ちょっと分かりません。



Blue Nile Mashreg Bank「スーダンは暑い!エアコンの効いている建物も少ない!」
ということを、前にお話しましたが、銀行はもちろん涼しいです。

さすがに、銀行にはきちんとエアコンが完備されておりまして、
ホワイトカラーのスーダン人がみんな涼しげに仕事をこなしています。




Blue Nile Mashreg Bankブルーナイル・マシュレグ・バンクに限ったことではありませんが、
どこの銀行にも、←受付にこのようなソファと水タンクが置いてあり、
酷暑のハルツームの街中を、このような銀行の入り口で涼んでいる
スーダン人なども多く見かけます。

このオジサンに、「いっやー、スーダンは暑いですね〜?」と声をかけたら、
「今日は涼しいよ」と軽く流されてしまいました。


そんなこんなで結局ここでも円⇒スーダンポンドへの両替はできず、ここブルーナイル・マシュレグ・バンクでは、

「セントラル・バンク・オブ・スーダン(中央銀行)に行けば両替できるかも」

と言われ、ついにスーダンの中央銀行、いわゆる発券銀行にまで乗り込むはめになってしまいました。


次回につづく ⇒ スーダンの銀行めぐり(その5) 〜ついに中央銀行へ〜


関連記事:
"スーダン"に関連する記事は以下をご参照ください →サイト内検索「スーダン」
スーダンの銀行めぐり(その5) 〜ついに中央銀行へ〜
スーダンの銀行めぐり(その4) 〜スーダンの銀行はエアコンが効いています〜
スーダンの銀行めぐり(その3) 〜スーダンの喫茶店にて〜
スーダンの銀行めぐり(その2) 〜かなり優しいスーダンの銀行員〜
スーダンの銀行めぐり(その1) 〜スーダンポンドを調達するために〜
湾岸産油国、海外で農業投資拡大 〜スーダンの農地開発〜
スーダンのハルツームという都市
WITVダイジェスト 「スーダン・アルモグラン都市開発プロジェクト」
首都ハルツーム厳戒態勢
スーダン(SUDAN)入国後の外国人登録(Passport Registration)について
ハルツーム(スーダン)の警察
スーダン(SUDAN)入国に関して
ドバイ&ハルツーム(スーダン)から帰りました
いよいよスーダンへ
スーダンの査証申請その6 〜いよいよスーダン査証を受け取り〜
スーダンの査証申請その5 〜英文予約確認書(Reservation Certificate)〜
スーダンの査証申請その4 〜英文身元保証書(Letter of Guarantee)〜
スーダンの査証申請その3 〜英文会社推薦状(Recommendation Letter)〜
スーダンの査証申請その2 〜査証申請書(Application For SUDAN Entry Visa)〜
スーダンの査証申請その1 〜観光査証(Toursit Visa)〜
次なるイスラム新興国グループ「SASOLI(サソリ)」
スーダンのハルツーム証券取引所


香港資産運用奮闘記その他新興国 > スーダンの銀行めぐり(その4) 〜スーダンの銀行はエアコンが効いています〜


この記事へのトラックバックURL

 ※コメント入力時に、引用文に全角の「>」をつけると赤の太字で強調表示されます